奈半利町自慢の「気ままsweets甘音」人気の秘密

奈半利町唯一の洋菓子店「気ままsweets甘音」。ここは、ふるさと納税で人気を得たことで実店舗を構えたという、驚きのエピソードを持った洋菓子店だ。
ふるさと納税人気ランキングで全国2位になったパウンドケーキは、現在もふるさと納税の返礼品として選ばれ続けている。
奈半利駅からも少し離れ、細い田舎道を抜けたところに佇む「気ままsweets甘音」の洋菓子がなぜ全国の人々から注目を集めているのか。今回はその秘密に迫る。

前回の記事「町の子どもたちにおいしいお菓子を。パウンドケーキが町にケーキ屋さんを作った」:https://furusato-nahari.com/specialty-goods/480/

自家栽培した食材で作られる安心感

気ままsweets甘音の店舗は、奈半利駅から北東に約2kmほどの、田園風景の一角に位置する。奈半利町は温暖な気候と、新鮮な空気、おいしい水が揃う町で、甘音でも店舗のそばで農園を作り、かぼちゃ、さつまいも、ゆずなどを育てている。甘音のお菓子は自家栽培した旬の食材を使って作られるから、食材の安心感は充分だ。

また、その土地ならではの食材を、旬の時期に獲れたてを使ってスイーツにしていくということも、おいしさを語るうえでは欠かせないだろう。
特に甘音のお菓子で使われるゆずは高知県の特産品でもあるが、店舗の裏山に実生する希少性の高い、野生のゆずだという。野生のゆずは、香りがひときわ高くて味も濃い。そんなゆずの香りと味を存分に楽しめる「ゆずとココナッツのパウンドケーキ」は、甘音の洋菓子の中でも絶品だ。

ほどよい甘さが大人も虜にする

甘音のスイーツは、どれも素朴でほどよい甘さが特徴だ。口コミでもそう言われることが多い。
ドライフルーツのパウンドケーキは、「封を切った瞬間にシナモンのようなスパイシーな香りがふわっと漂い、たっぷり入ったドライフルーツは洋酒が絶妙に効いている」「まさに大人のパウンドケーキ。とてもしっとりしていて、コーヒーと良く合う」といった口コミが多く集まる。

「自分たちで、おいしいと思うものを作っていたら、お客様にも『ほどよい甘さがおいしい』と言って喜んでもらえるようになりました」
と、素材や製法にこだわり、自分たちが本当においしいと思うものだけを作り続けていることが、全国の方々にも伝わり、ファンを生んでいる。

随所に散らばる、人々をハッピーにする工夫

甘いものは、人々を幸せにする。甘いもの好きなら、その感覚は理解いただけるだろう。
だが、それだけではなく、人々をハッピーにしてくれる仕掛けが随所にある。

甘音のスイーツを返礼品として申し込むと、返礼品に同封されるパンフレットがある。お菓子の印象と同様の、素朴でかわいらしいデザインが印象的だ。そして、返礼品のパッケージも、優しくて可愛らしい、素朴なデザインが施されている。甘音のお菓子の雰囲気にぴったりのデザイン、食材だけでなくパッケージひとつひとつにもこだわるその丁寧さを、返礼品全体から感じ取ることができ、届いた瞬間から、なんだか人々を幸せにしてくれるのだ(本当はもっと詳細に伝えたいが、届いたときを楽しみにしていただきたいので割愛する)。


返礼品が届いた瞬間から実際に味わってもらうまで、満足度が高い甘音の洋菓子は、ふるさと納税でリピートする人も多いが、実際に店舗を訪問する方も多いという。
奈半利町の田園風景にふんわり現れる、絵本の世界から飛び出してきたかのような白い一軒家。お店の外にある植栽や草花もていねいに手入れが行き届いていて、返礼品から感じ取られる印象を裏切らない。お店でイートインもできるので、返礼品にはないケーキなども味わってみてはいかがだろうか。