3種類のカニを使ったカニクリームコロッケ

奈半利町のふるさと納税の返礼品は、あかうし、ゆず豚、米ヶ岡鶏、マグロ…と、素材をそのまま冷凍してお届けするものが多いが、加工品も忘れてはいけない。
知る人ぞ知る奈半利町の返礼品「カニクリームコロッケ」は、なんと3種類のカニを使った贅沢な一品。地元の有名料理店で1つずつ丁寧に手作りされるカニクリームコロッケは、現地のお店とふるさと納税の返礼品でしか味わうことができない。奈半利町まで足を運ぶのが大変だという方にとっては、ふるさと納税の返礼品でしか楽しむことができないのだから、人気が出るのも仕方ない。
今回は、料理店「富士」のカニクリームコロッケのこだわりについてご紹介したい。

素材にこだわる料理人が腕を振るう「富士」

奈半利町のふるさと納税返礼品のカニクリームコロッケは、地元の有名店「富士」で作られる。
昭和57年に創業した「富士」の店主 林富士夫さんは、東京赤坂や京都の料亭で修行をし、料理人歴40年というこの道のプロだ。
特に林さんがこだわっているのは素材選びで、東京・京都で修業していた頃から素材を選ぶ目を養い続け、今でも奈半利町近郊の美味しいものを選りすぐって仕入れをしている。
仕入れた食材の保存方法にもこだわりがある。魚は調理する直前まで生け簀で生かし、より新鮮なものを提供できるように心がけている。

素材へのこだわりと確かな腕によって調理される絶品料理を求めて、お客さんは広く中芸地域から集まってくる。昼は日替わりランチや定食を求めて、夜は宴会やちょっとした飲み会に、実に多くのお客さんが連日訪れている。

人気メニュー「カニクリームコロッケ」

そんな人気店「富士」の中でも、1、2を争う人気を集める名物メニューが「カニクリームコロッケ」だ。
一口サイズの丸い黄金色をしたカニクリームコロッケ。その均整の取れた形からは、店主のこだわりや丁寧な仕事ぶりをうかがうことができ、どこか上品な雰囲気が漂う。
中身はカニと玉ねぎのシンプルな具材だが、その素材のこだわりっぷりがすごい。カニはタラバガニ、ズワイガニ、紅ズワイガニの3種類を混ぜてみて、旨味や色目のバランスをとっている。鮮やかな赤い身で彩りを添えるのが紅ズワイガニ、甘くて繊維の食感を楽しめるズワイガニ、やわらかな身質とほどよい甘みのタラバガニ。これに国産のタマネギをたっぷり混ぜる。カニのしっかりした甘さと玉ねぎの爽やかな甘さのバランスは絶妙だ。
この中身を一口サイズに丸めて、小麦粉、卵、パン粉をつけて、低めの温度でやさしく揚げている。

ふるさと納税返礼品「カニクリームコロッケ」の楽しみ方

奈半利町のふるさと納税返礼品「カニクリームコロッケ」は、冷凍されたコロッケがお手元に届く。その調理法は簡単だ。
揚げ油を150℃~160℃で用意して、カニクリームコロッケは解凍せずに冷凍されたままの状態で揚げる。衣が薄くて破れやすいので、油の温度を高くしすぎたり、一度に大量にごろろごろと揚げないように注意を。油に入れたら、しばらく触らずに様子を見ておくだけできれいに揚がる。

お弁当にもちょうど良さそうなサイズの富士のカニクリームコロッケだが、3種類のカニと国産タマネギの甘み、主人のこだわりの味をぜひじっくり楽しんでほしい。