幻の品種!土佐あかうしを使った「土佐あかうしカレー」とは

土佐あかうしは、豊かな自然の中で育った高知県の褐毛和牛の一種。
品種名を”褐毛和牛・高知系”といい、高知県内の山間部でのみ飼育され、年間わずか600頭しか出荷されない希少な品種だ。当然、一般の市場にはほとんど出回ることがないため「幻の土佐あかうし」と呼ばれることもある。
今回は、そんな土佐あかうしをふんだんに使用した「土佐あかうしカレー」の魅力に迫った。

赤身が自慢!土佐あかうしとは?

土佐あかうしは肉質が締まっており、脂身も美味しいのだが、なんといっても赤身の味は極上の一言だ。
適度にサシの入った赤身には、グルタミン酸やアラニンといった旨味成分が豊富に含まれており、熟成させることによってその旨味はさらに増加する。特に甘みを感じる成分の総量は、黒毛和種の約2倍、熟成させれば4倍にまで増加することが判明している。

ほどよく入ったサシは、黒毛和種に比べて融点が低いことから、舌の上でとろけて非常に美味。
コクがあるのに重すぎず、あっさりとした味わいを実現しており、焼肉やステーキなど、火を通した料理はもちろんのこと、赤身の美味しさを活かしたローストビーフにしても土佐あかうしの魅力を存分に楽しめる。

土佐あかうしの細かく入ったサシは、味以外のところでも好評を得ている。
それはヘルシーさだ。
ある時期まで、国産牛といえば「霜降り牛」という印象が非常に強かったが、ここ数年、健康に対する考え方や情報が広まってきたことによって、「赤身」への注目が高まってきた。

そんな中で、「赤身がおいしい牛」である土佐あかうしは、ヘルシーさにおいても他の品種と比べて抜きんでている。
そもそも、牛肉の赤身はそのほとんどがタンパク質で構成され、L-カルニチンなど身体の代謝を整える成分が豊富に含まれているので、ヘルシー志向の人にもおすすめの食材だ。

土佐あかうしの美味しさがたっぷり詰まった「あかうしカレー」

土佐あかうしのカレーは、そんな土佐あかうしをカレーに加え、じっくり煮込んだ奈半利町ふるさと納税の返礼品の中でもおすすめの逸品だ。
土佐あかうしは、煮込んでもパサつくことなく、冷えてもべたつかないという特徴を持っているので、カレーの具材としても最適だ。
濃厚な味付けのカレーには、あかうしの旨味や野菜の甘みがしっかり溶け混んでいる。

柔らかくなるまでじっくり煮込まれたあかうしの肉を、スパイシーで濃い目に味付けされたカレールーとともに口に運ぶと、噛むほどにジューシーで深みのある甘みや旨味を堪能できる。
スパイシーでコクがありながらも、肉の甘みによって食べやすいため、子どもからお年寄りまで幅広い年代の人から愛されている。
また、すぐに食べられるレトルトタイプな点も嬉しいポイントだ。

高知県奈半利町のふるさと納税では、「土佐あかうしカレー」もラインナップのひとつに入っている。
10パックセットや20パックセットなど、その人に合ったセットを選べる。
是非、土佐あかうしの美味しさがたっぷり詰まった「土佐あかうしカレー」を堪能してもらいたい。