人気のベーカリーカフェ「パンセ」の人気パン&スイーツ9種セット

高知県奈半利町の、奈半利駅にほど近い場所にあるベーカリーカフェ「パンセ(Panse)」。地元でも大人気のお店で作られるパンの数々が、ふるさと納税の返礼品「地元で人気のパン屋さん“パンセ”の手作りパンセット♪」となって登場した。
今回は、奈半利町内でも指折りの人気店「パンセ」のパンを紹介する。

10年以上にわたりこだわりの手作りパンを作り続ける名店

手作りパンのお店「パンセ」は、大阪の有名店で5年間修行した店長のもと、「自分達が食べて、自信をもっておいしいといえるものだけをお届けする」という方針で10年以上にわたってパン作りを続けている。
食べる人の健康にもこだわり、全ての砂糖を三温糖、塩は深層水の塩を使うなど、さまざまな工夫を凝らしたパンの数々は、子どもからお年寄りまで多くの人に喜ばれている。

多くの人に愛されるパンセのパン

パンセでは食パンやフランスパン、クロワッサンやパンドミといった定番のパンのほか、クリームパンやあんぱんのような菓子パン、カレーパンやベーコンチーズなどのいわゆる惣菜パンといった、豊富なバリエーションのパンが毎日作られている。
それらのパンが店内を彩り、一歩足を踏み入れると香ばしいバターの香りが迎えてくれるのもパンセの魅力のひとつだ。
また、ラスクやマドレーヌ、プリンなどのスイーツも人気が高い。

パンセのパンの中でも、食パンは1日に300斤売れるほどの大人気商品で、パンセの代名詞といえる。
ふんわりとした食感とやさしい甘みが特徴で、焼いて食べても、そのままで食べてもしっかりとした風味を感じることができる。
「パンドミ」はもっちりと優しい練乳の甘さが特徴で、トーストやサンドにしても美味しい。
クルミが入ったドイツの伝統的な高級お菓子である「マーブルシュトーレン」は、薄くスライスして紅茶のお供にすると互いの美味しさが引き立つ。
「プリン」も自家製の窯で手作りされており、なめらかで飽きのない味が特徴。
「マンゴープリン」はマンゴーの上品な味がしっかりと感じられる。

また、返礼品では取り扱っていないが、「クロワッサン」は熟成されたほどよい甘さの生地がぎっしり詰まった食感が特徴だ。
さらに「あんぱん」に使用されるあんや、「クリームパン」などのクリーム、惣菜パンやサンドイッチの具材はそれぞれ自家製のものを使用している。
特に店長考案の「ブロッコリー&ベーコン」は、バターロールの生地にブロッコリーとベーコン、マヨネーズなどのソースを合わせ、じっくりと焼き上げた逸品。

そのほかにも、記事では伝えきれないほどの魅力的なパンがそろっている。
そして、”ベーカリーカフェ”と銘打たれたパンセにはもう1つの特徴がある。
店内にカフェスペースがあり、買ったばかりの焼き立てパンを、コーヒーと一緒にその場で楽しめるのだ。

奈半利町を訪れた際にはぜひ一度、奈半利駅から徒歩2分の「パンセ」に訪れ、自らの五感で見た目を、香りを、味を、そして食感を楽しんでもらいたい。

パンセの手作りパンセット

今回紹介したパンセのパンやスイーツの中から、奈半利町のふるさと納税の返礼品として9種類の商品を厳選して1つのセットにした。
ラインナップは以下の通り。

【パンドミ】1本
【食パン】1斤
【マーブルシュトーレン】1本
【プリン】2個
【マンゴープリン】2個
【フィナンシェ】3個
【プチショコラ】2個
【マドレーヌ】2個
【ラスク】2個

いずれも、味わい深い甘みや食感が特徴のパンやスイーツであり、老若男女を問わず多くの人に喜ばれるものばかりだ。
ぜひ一度、パンセの手作りパンの豊かな風味や食感、スイーツの味わいを楽しんでもらいたい。